お天気てちょう https://amzn.to/3KtPbBK

「今日も一日が始まるね。サニーくん。」

 

「そうだね。クラウディーくん。今日は誰の当番だったかな。」

 

「ええと。確か今日は…。サニーくんだったかな?いや僕だったかな。んんー。ちょっとお待ちを…。」

 

クラウディーくんは、おもむろに分厚い手帳を取り出しました。

 

「あぁ、あった、あった。今日は四月の第二日曜日っと。ええと、今日の当番は…。レイニーちゃんだ。僕たちじゃないみたいだね。」

 

「そうかい。今日はレイニーちゃんか。おや、ところでそのレイニーちゃん

は、どこにいるんだい?」

 

「そういえば、まだ来てないみたいですね。どうしたのかな?」

 

クラウディーくんとサニーくんは、それからしばらく待っていましたが、レイニーちゃんは現れません。

 

「遅いなあ、レイニーちゃん…。寝坊したのかな。」

クラウディーくんは、いてもたってもいられないといった様子で、うろうろうろうろしています。

 

「ちょっと、手帳を見せてくれるかい?」

 

サニーくんは、クラウディーくんから手帳を受け取りました。

 

 

「どれどれ。ふんふん。なんだ、そういうことか。」

 

サニーくんは納得したようです。

 

「どうしたんだい、サニーくん。そんなにうなずいて。」

 

「今日のところ、よく読んでみなよ。」

 

「どれどれ。ははあ。『今日は、曇りのち雨。午後になってから雨が降る。夜には晴れるでしょう』か。じゃあ、レイニーちゃんは、午後に来るんだね。」

 

「そういうこと。」

 

クラウディーくんの持っているこの手帳には、毎日の天気が書いてあるのです。

 

空にいるみんなは、この手帳を見て仕事をしています。

 

「よし。じゃあ、僕は朝のひと仕事が終わったから、今日はゆっくり休むよ。クラウディーくん、あとはよろしく頼むよ。」

 

「了解です。」

 

サニーくんは、雲でできたふかふかのベッドに横になりました。

 

「今日も、朝早かったものだから。ふわあ。眠い。おやすみ。」

 

 

 

 

 

それから、クラウディーくんは、僕の住んでいる蒼の森へと移動しました。

 

「よし、着いたぞ。今日は、曇りで、そのあと雨も降るから、みんな傘を忘れずに持っていってくれ。濡れたら風邪引いちゃうぞ。」

 

クラウディーくんは、蒼の森の上空から、声をかけました。

 

クラウディーくんは、森からはずいぶん離れた、はるか上空にいますから、もちろん声は届かないのですが、たまに、上空を飛んでいるカラスやなんかが、その声を聞いていることもあるようです。

 

その日の午後になって、レイニーちゃんがやってきました。

 

「お待たせ。こんにちは、クラウディーくん。午後からは私の当番よね。」

 

「やあ、レイニーちゃん。午後からはレイニーちゃんの担当だよ。よろしくね。」

 

「ええ、わかったわ。そろそろ時間でしょ。交代するわ。」

 

「うん。じゃあ、また明日。」

 

「ええ。また明日。」

 

クラウディーくんは、次の地域に移動していきました。

続く