かくれんぼしようよ https://amzn.to/33UyK0o

それはよく晴れた日のことでした。

象さんは外で遊びたかったので、山羊くんを誘って遊ぶことにしました。

「ねえ、山羊くん、かくれんぼして遊ぼうよ。」

「えっ?かくれんぼ?う、うん。いいよ。」

「じゃあ、オニを決めよう。じゃんけんで勝った方がオニだからね。いくよ。じゃんけんぽん、あいこでしょ。じゃんけんぽん、あいこでしょ…。」

いつまでたっても決着がつきません。

それもそのはずです。

山羊くんも、象さんも、何度もじゃんけんをしてみますが、グーともチョキともパーとも言えない形しか出せないのですから。

じゃんけんでは決まらなかったので、にらめっこで決めることにしました。

「じゃあいくよ。にらめっこしましょ、あっぷっぷ。にらめっこしましょ、あっぷっぷ…。」

いつまでたっても決着がつきません。それもそのはずです。

山羊くんも、象さんも、お互いに笑わないように、目をつぶっていたのですから。

「どうしたものかね、山羊くん。オニがなかなか決まらないよ。じゃあ、山羊くんがオニでいい?十秒数えてね。」

「オニ?う、うん。わかった。じゃあ、いくよ。いち、にい、さん…。もういいかい?」

続く