かぜのヒーロー https://amzn.to/3rvDy4s

「皆様、本日は遠いところからお越しいただきありがとうございます。各地域代表の皆様ですから、それはたいそうなレースになると思いますが、くれぐれもケガの無いように。ルールは守ってくださいね。もうまもなく始まりますので、参加される方はスタートラインにお集まり下さい。」

今日は、森の住人達が楽しみにしている「風のレース」の日です。

優勝者は「風のヒーロー」になれるのです。

アナウンスが入り、レースに参加する風たちが集まってきました。

「それでは、皆様には地球を一周して、戻ってきてもらいます。それでは始めますよ。位置について、ようい、ドン!」

 

レースが始まりました。

ものすごい突風が吹きました。

あっという間に風たちは見えなくなってしまいました。

森の住人はレースの行方を見守っています。

「ヒューッ」

しばらくして、闇の風が戻ってきました。

「やったぞ、オレが一番だ。オレがヒーローだ。」

闇の風は自慢げです。

ところが、「君は失格だよ。」

なんと闇の風は失格になってしまいました。

「失格だって?オレが一番に戻ってきたじゃないか。」

闇の風は言いました。

「君がなんと言おうとも失格だよ。ちゃんと太陽が見てたんだ。君はコースを外れてずるしたろう。だから失格なんだよ。」

そうです。

太陽が審判をしていたのです。

太陽はすべてを見ていました。

「そんな…。」闇の風は黙ってしまいました。

その時、遠くの方から一つ、二つと風の姿が見えます。

どうやら戻ってきたようです。

優勝は、森の風でした。

「やった。優勝したんだ。」

森の風はとてもうれしそうです。

森の住人たちは、彼を賛美しました。

「よくやったね。すごいスピードだったよ。」

「いいレースだったよ。おめでとう。」

続く