あたりには青々とした草木が生い茂り、さわやかな花の香りがただよっています。

そんな森の片隅に一輪のタンポポが咲いていました。

「私たちはずっと一緒だよ。」恋人のタンポポ達が言いました。

「俺はこの森で一番になるんだ。」勇気のあるタンポポが言いました。

「私は一番きれいになる。」美しいタンポポが言いました。

「僕、こわいよ。大丈夫かな。」こわがりなタンポポが言いました。

いろんな声が聞こえてきます。

今年もこの季節がやってきました。

今か今かと待ちきれない子、こわくて震えている子、もじもじしている子、遠くのほうを見つめている子、手をつなぎ合っている子。

お母さんタンポポは子供達に言いました。

「みんな準備はできましたか?もう少しでいい風がやってきますからね。そうしたらみんな元気に飛んでいくのですよ。」

続く