おばあさんのヒゲ

森の中にある丸太小屋に、小柄な、かわいいおばあさんが住んでいました。

 

おばあさんは、真っ白なヒゲをはやしています。

 

おばあさんはヒゲをさすりながら、「今日もいい天気だなあ。」と大きく伸びをしました。

 

おばあさんは、今晩の食事のために、釣りざおと、えさと、釣った魚を入れるためのかごを持って、魚釣りに出かけました。

 

おばあさんは川に行くための近道の途中で、野草やキノコも拾いました。

 

森の小道を歩いていると、草の茂みの中に、きらきらと光るものが見えました。

 

「何だろう?」と思って、おばあさんが近づくと、そこには、見たこともない金色のキノコが生えていました。

 

「はて、これはキノコのようだが、見たことのないキノコだね。」

 

おばあさんはキノコを手に取り、においを嗅いだり、つまんでみたりしました。

「ひょっとしたら、とても美味しいキノコかもしれないな。どれ、少しちぎって食べてみるとしよう。」おじいさんはキノコをちぎり、口に運びました。

 

「もぐもぐ、ごっくん。ああ、美味しい。これは最高のキノコだ。」

 

おばあさんは感激しています。

「残りのキノコも取っていこう。」

 

おばあさんは、そこに生えているキノコを全部かごに入れました。

 

しばらく歩くと、いつも魚釣りをする川に着きました。

 

「どれ、今日もたくさん釣れるといいな。」

 

おばあさんは釣りざおに、えさのミミズをつけました。

 

「ごめんよ、ミミズ君。今日も美味しい魚を見つけておくれ。」

 

一声かけてから、釣りざおを川に投げ入れました。

 

どれくらいの時間が過ぎたでしょうか。

 

まだ、一匹も釣れません。

 

「おかしいな。今日は全然つれないな。魚の引越しでもあったのかね。」

 

おばあさんは、お腹が空いたので、さっき拾ってきた金色のキノコを全部食べてしまいました。

 

おばあさんはお腹がいっぱいになったので、眠ってしまいました。

 

しばらく眠っていると、「ビクン、ビクン」何かの音がしています。おばあさんは目を覚ましました。

 

「なんだか、体が重たいな。何かに引っ張られているような感じがするな。」

 

 

「ズサーッ」おばあさんは川のほうへ引っ張られています。

 

「なんだ、なんだ、どうしたんだ。おや、これは一体何だろう?」

 

見ると、白い糸のようなものが、川に向かって伸びています。

 

おばあさんは立ち上がりました。

 

「うわぁー。」よく見てみると、それはおばあさんのヒゲでした。

 

「どうして、わたしのヒゲがこんなに伸びてしまっているの。何か変なものでも食べたかね。」

 

おばあさんは考えました。

 

「ひょっとしたら…。」

 

そうです。あの金色のキノコです。

 

「わたしは、あの金色のキノコを食べたな。あれはヒゲを伸ばすキノコだったか。おっとっと。」

 

何かが、ものすごい力でおばあさんのヒゲを引っ張っています。

 

おばあさんはヒゲを手繰り寄せました。

 

するとそこには、たくさんの魚が食いついていました。

 

「これはこれは。たくさん魚が釣れているな。」

 

この日おばあさんの釣った魚は、どれも美味しそうです。

続く